2007年08月30日

転職業界のウソと洗脳

今日は転職業界のウソと洗脳についてお話したいな。と。




転職業界のウソと洗脳って言われてもよくわかんないですよね?
なので、ちょっと事例を入れながら進めていきますね。











・・・それは、久しぶりに会った友人との会話










友人「え?また転職したん?」「年収は?」「マジで?また上ったん?」


>会うたびに転職している私へのいつもの友人の反応でした。
 ちなみに二人とも大阪人です。





友人「いーよなーお前は。スキルがあって・・・。俺なんかしがない
   中小企業のど営業マン。あんな会社辞めたいねんけど、スキルも
   ないから、転職なんてできひんしなー・・・ハァ−・・・。
   しかも、もう30歳やで。おっさんや。子供もいるし。」




私 「荒れてるねー(笑)。そんなわけないやんか。よう考えてみてや。
   俺、昔は営業やったやんけ?似合わないブカブカのスーツ着て
   かっこ悪かったよなー。
   んで、社会人になる前の若い頃の俺をおまえはよく知ってるやろ?
   普通に考えて、俺に ”スキル” なんてあると思う?」





友人「すまん。ぜんっぜん思わへん。ていうよりサーフィンばっかりしてて
   俺よりアホっぽい。ついでに言うとお前がまじめに会社に毎日行っ
   ているのさえ信じられへん。」





私 「そやろ?」




一同(爆笑)





友人「そしたら何でお前はそんなに何回も転職できて、しかもいい会社で
   給料もいいねん?なんか悪いことしてんのか?人事担当をユスって
   るとか?それか、社員のふりして勝手に出勤してるだけ?」




私 「あほか!するか!」




友人「じゃー何をやってるねん。教えろや。」




私 「なんで?転職する気になったんか?」




友人「おう!もう毎日毎日遅くまで残業して、嫌な客や上司の相手してて
   も給料はいっこうに低いままなんて気が狂いそうや。
   お前みたいに海外に毎年行きたいし、平日にジムにも行きたいねん。
   見てみろよこのお腹のぶよぶよ!」






私 「・・・それはお前が食いすぎなだけやろ。
   転職してもぶよぶよや。」






友人「だぁー!!ええから教えろや。お願い。飯おごるから。」




私 「わかった。わかった。簡単やぞ。転職に対する考え方とか、実際の
   転職活動でやることが、普通と違うだけやで。」






友人「なんやねん?普通と違うって?どういうことが?」






私 「一言じゃ言われへんなー。例を出すとやね・・・お前はどんな理由
   で自分は転職できないと思ってる?」





友人「そりゃスキルがないからでしょ?英語も話せないし。」





私 「それが普通の考えやんな。でも違うねんで。スキルとか英語とかは
   転職には全然必要ないねん。」





友人「えー?なんて?」





私 「だってスキルなんて誰も持ってないねんで?技術者以外でスキルって
   なんやねん?って話しやで。違うねんなー。転職を成功させる奴って
   いうのは、そんな理由じゃないねん。」






友人「だから!それはなんやねん!はよ言えや!(←短気な大阪人)」





私 「そやから。簡単に転職できる方法が別にあるってことや。誰でも方法
   さえ知っていれば転職は成功するんやわ。でもな。成功してる人は教
   えてくれへんからみんな知らんねん。」





友人 「そうなんや?なんか信じられへんなー。具体的に教えてみろや。」






>なぜか命令口調の友人に根気よく説明しました。





私 「まず、内定を最低でも3社からもらえるように作戦を決めるわけや。
   んで、そのため●●●●とを作ってから、△△△△に当てはめてみ
   て応募先を決めるねん。これは5社。なんでかというと□□□□
   ってことやねん。」







友人「うんうん(←素直)」






私 「でも、もちろん応募の前に転職したら絶対やりたくない事を決めとく
   ねん。お前なら安月給とアホな上司と客と付き合わないことと、毎日
   の残業は嫌やねんな?」





友人「そうそうそうそう!」






私 「そしたらすごい確率で内定が出るから。その後は○○○○○に注意して、
   どこに入社するか決めるだけや。」





友人「なるほどなー。そんな事お前やってたんや?みんな、そうやってんの?」





私 「私は自分のキャリアをアップしたいなんてまじめに考えてるような、変わった奴
   以外はみんなやっているで。」







友人「くっそー。俺ももっと早く知っていれば・・・!もっと詳しく教えて!」






私 「しょうがないなー。そしたらデニーズでも行くか。」








>この後、友人は大手のIT企業へもぐり込み、年収700万をゲット
 しました。








この話。
うそだと思いますか?






・・・








本当なんですよ。




こんなことが、結構あるんですよ。








彼の場合は、あまりにひどかったんで
教えた僕もびっくりでしたけどね。(^_^;)






何がいいたいかと言う・・・


あるレベルの条件でよければ、転職なんてこの程度ですよ。


 ナイキ
 アップル
 トヨタ
 ドコモ
とか、みなが喜ぶ企業。


 ゴールドマンサックス
 Google
とか、入れそうとかすら普通みなは考えない勝ってる企業。



そういうレベルじゃない企業ならこの程度でいいわけです。



でも・・・





「その人は最初から何かしらのスキルとか経験とか
学歴とかあったんでしょ?」





そんな風に、信じてないんじゃないですか?



いや。たぶん信じてないでしょ?




「自分の事例とは違う」

ってね。


みんなも概ねそう言いますから。








ここですよ。
言いたいことは。






ウソだと思っている時点で、
すでに転職業界のウソに洗脳されているってことに
気づいてます?








転職サイトなんかじゃ

・スキルが必要
・経験が必要
・自分のやりたい事を形に・・・


とか言われるし。



人材紹介会社に言っても

・確率が悪そうってだけで、そういう企業の紹介を意図的に
 してくれないし
・あなたは難しいとか言われちゃうし





そういう経験から、洗脳がますます深くなっていって、





そして、あきらめる。









そう。あきらめる。





繰り返しますが・・・


あるレベルの条件で転職するのでよければ、
転職なんてこの程度ですよ。



 ナイキ
 アップル
 トヨタ
 ドコモ
とか、みなが喜ぶ企業。


 ゴールドマンサックス
 エイベックス
 Google
とか、入れそうとかすら普通みなは考えない勝ってる企業。




そういうレベルじゃない企業ならこの程度でいいわけです。



でも・・・
洗脳されてるからあきらめちゃう。


もしくは、全然間違った転職活動して、採用されない。




そして、やっぱりあきらめちゃう。





僕としては、そういう状況って結構我慢できないんで、
とりあえず転職情報のウソくらいには、
気づいて欲しいなと思うわけです。





今から、その中でもはっきりしたウソを3つほど
説明したいなと思います。





転職するかしないかに関わらず、よく読んで、
少なくとも洗脳からは開放されて、
事実をわかっている状態でいてくれればな。と。




そういう感じです。






長くなるので、このサイトに書きました。
中段くらいです。


ここです。ここの中段。A4で3ページくらいです。
結構真面目に書いているので、よく読んでくださいね。
印刷してもいいですから。


「幸せ転職 完全ガイド」



★役に立ったらクリック!!してネ★


oceangreen996 at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔